パパ活はドラマ化されていた!ドラマ「パパ活」8話(最終回)のあらすじ

ドラマ「パパ活」ついに最終回の第8話です。

8話のタイトルは「命短し恋せよ乙女」なんですが何だか意味深ですね…。では早速解説していきたいと思います。
7話までのあらすじは、航と杏里はついに肉体関係を持ち、さらに惹かれ合うようになります。その思いから、航は菜摘との離婚を決意しますが、猛反対する菜摘。
しかし、死んだ娘の本当の父親が入江であることを騙していた菜摘。追い詰められた菜摘は、航のアパートから飛び降りてしまいます。

菜摘の死によって、航はどうなってしまうのか、杏里はどうなるのか。それぞれの関係は?この最終回で全てが明らかになります。注目のドラマ「パパ活」最終回を徹底解説していきます。

ドラマ「パパ活」とは?

ドラマ『パパ活』は動画配信サービスFODとdTVで配信されたインターネットドラマで、その人気ぶりからフジテレビで2017年10月11日25時15分から地上波でも放送されました。2018年2月にはDVD-BOXも発売。
体の関係がなく、デートをするだけで金銭的支援をしてくれる男性との交際を意味する”パパ活”という現代の新たな男女関係を中心に人間の本質をリアルに表現したパパ活ドラマとなっています。

ドラマ「パパ活」8話(最終回)のあらすじは?

杏里との交際に真剣になっていく航。そしてついに菜摘との離婚を決意します。しかし離婚することに猛反対の菜摘は、追いつめられた結果、マンションから飛び降りて、自殺してしまいました。
その場に居合わせていた杏里はショックを受けますが、連絡のつかない航を心配し、憔悴しきってその場で航の帰りを待ち続けます。
警察の事情聴取を受けて戻ってきた航は菜摘が死んだ責任を感じ、死んだ娘にも言い訳できないと涙を浮かべます。
それでも、杏里の存在は航にとって救いだったのでしょう。

「この歳で初めての真剣な恋だ。そして最後の恋だ」と改めて気持ちを確かめ合う二人。そしてパリ行きの予定を早める決断をします。
菜摘の葬儀の後、航は杏里とパリに行くことを入江に話します。そして入江にも反対され、航は考えを改めたのでした。

そして入江は実に菜摘の死について自分が関わっていたかのような言葉をかけます。
入江を不審に思った実は、航を追いかける杏里を引き留めようとしますが、彼女の強い想いに圧倒され「今夜、パリに発つ」と知らせます。
そして空港で航を見つけた杏里は「Je ne peux pas vivre sans toi(私はあなたなしでは生きていけない)」と航が最初にパリに誘ったときの言葉を交わし、旅立つのでした。

ドラマ「パパ活」の8話(最終回)の豪華キャスト陣

劇的な展開になりましたドラマ「パパ活」。いよいよ最終回です。
もつれて複雑になっていたそれぞれの相関関係がどのように決着するのか、演じた俳優さんの紹介と共に振り返ります。

ドラマ「パパ活」8話(最終回)でも出演している、渡部篤郎の役柄

渡部篤郎が演じる栗山航は普段フランス文学の翻訳者をしています。航には10年前に事故で亡くした娘がいました。ひょんなことから自分の勤める大学の学生である杏里に本気の恋をしてしまいます。そして、航の親友と浮気していた妻の菜摘に離婚を申し出ますが、航に依存状態であった菜摘は航のマンションで飛び降り自殺をしてしまいます。
娘だけでなく、妻までも亡くした航は放心し、一度は手放した杏里の存在に支えられるのでした。

ドラマ「パパ活」8話(最終回)でも出演している、飯豊まりえの役柄

シングルマザーの母親に恋人ができたことで家を追い出され、行く当てのない大学生、赤間杏里。
パパ活サイトで出会った航に恋をし、航の離婚が成立したら、二人でパリに移り住む約束をしていました。
しかしその矢先、離婚を言い渡された妻の菜摘が飛び降り自殺をしてしまい、航にも「君の人生は背負えない」と突き放されてしまいます。
それでも諦められない杏里は空港で航を待ちぶせ、初めてパリに誘った時と同じセリフを言います。それは「私もパリに連れていって」という杏里の気持ちを伝えるものでした。

ドラマ「パパ活」8話(最終回)にも出演している、橋本さとしの役どころ

航の親友で、航の妻、菜摘の元カレでもある、入江芳樹。杏里の働くレストランのオーナーでもあります。
航と菜摘の夫婦関係や亡くなった子の本当の父親の話など、実や杏里に話して混乱させます。
入江曰く菜摘には情緒や優しさが欠如していて、自分の子どもに対しても嫉妬していたと話します。しかし10年前の事故は故意的ではなく、娘はシートベルトをしていなかったと意味深な言葉を吐きました。
実は何度も「事故ですよね?」と確認しますが、最後は菜摘の遺骨を抱えて微笑む入江を目撃してします。

ドラマ「パパ活」8話(最終回)にも出演している、健太郎

杏里と同じレストランで働く、見習いコックの柿沢実。杏里に恋心を抱いているが、航に夢中な杏里をどこまでも心配しています。
オーナーである入江から聞かされる、本当かジョークかわからない話しに困惑しながらも、杏里に教えてあげるのです。
最終回でも、航が杏里を残してパリに行こうとするのを知って、杏里の気持ちを確かめます。最後に自分の気持ちを伝えますが、杏里の真剣な思いを受け入れ、今夜発つことを告げ身を引きます。

ドラマ「パパ活」8話(最終回)の見所!

菜摘の自殺があり、航は自分を責め、放心してしまいます。杏里の存在に救われて、パリ行きを早めようとしますが、入江はそれに反対。そして航は、「一人になりたい」と杏里を突き放します。
同時に入江は、実を相手に意味深な話しをします。菜摘は子供を産んだだけだ。いつまでも女であって母親ではない。事故のときは娘がシートベルトをしていなかったんだ、と….。
しかし不審に思った実は、「奥さんの自殺、本当はオーナーも先生も関係してるんじゃないのか」と杏里を説き伏せようとします。
けれど結局は杏里を送り出し、航の元へ向かわせます。しかし、菜摘の遺骨を抱えたオーナーが不敵な笑みをこぼすのを目撃してしまうのです。

意味深すぎて考察が難しいです….。

 

ドラマ「パパ活」8話(最終回)のツイッターでの反応

渡部篤郎さんファン、やっぱりいますね〜。若い子にも多い気がします。

ドラマ「パパ活」8話(最終回)の放送日

ドラマ「パパ活」は2017年6月26日の深夜0時から配信がスタートしたドラマです。毎週月曜の深夜0時から、動画配信サービスdTVとFODで配信されていました。
ネット配信後、視聴者からの好評がよかったため地上波(フジテレビ)でも放送されました。
約三か月後の11月30日に、地上波放送されたのは木曜の深夜0時55分に放送されました。

ドラマ「パパ活」8話(最終回)の地上波再放送は?

ドラマ「パパ活」は動画配信サービスから始まったドラマで、その人気ぶりから地上波放送が決定しました。しかし残念ながら今のところ再放送は決まっていません。
動画配信サービスFOD、もしくはdTVで、現在も配信されていますのでそちらから視聴することができます。

ドラマ「パパ活」8話(最終回)は動画で観れる

ドラマ「パパ活」の8話(最終回)はFODで配信されたドラマですので、今でもFODで視聴することができます。また、dTVでも配信されているので、こちらでも視聴可能です。
しかし、これらの動画配信サービスは有料なので、月額800円程度かかる場合があります。サービスの利用にあたっては、それぞれの規約を確認しておきましょう。
動画投稿サイトには、第8話(最終回)のみ投稿されている場合もあります。まずは8話(最終回)だけ観てみてから登録するという方法もあるので、同時にチェックしてみましょう。

ドラマ「パパ活」8話(最終回)は無料では観れない

FOD配信のドラマ「パパ活」を無料で観ることは可能なのでしょうか。
基本的にはFODの利用、dTVでの視聴も月額制なので有料でのサービスになります。なので、月額888円(税抜)かかります。
サービスの利用にあたっては、それぞれの規約を確認しておきましょう。しかし、キャンペーンや初めての登録の場合など最初の1ヶ月が無料になる期間があります。このサービスを利用すればパパ活ドラマ全話無料で視聴することができます。

ドラマ「パパ活」8話(最終回)はDVDで観ることができる

2018年2月にDVD-BOXが発売されていますので、DVDで見ることができます。
購入までしなくてもレンタルもされているので、レンタルショップでドラマ「パパ活」を借りてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です